「この血統の馬はどーたらこーたらでこのレースに合うから大本命!」とか「馬は馬体だからこの馬は買い!モモの張りガ~、骨格ガ~」などと、大した根拠もなくそれっぽいことを言うクソみたいな予想屋の話は聞かないようにしましょう。
大抵の予想屋は外れたらダンマリ、当たったら「ほ~~らぁ!!俺の言ったとおりでしょ!!!!」と急にドヤ顔をするもんです。全く再現性のない手法にも関わらず、です。
そもそも予想屋なんて適当にそれっぽいことを言っているだけで、結果の良し悪しなんて気にしていません。如何に自分が偉大な予想家かを錯覚させ、広告収入やアフィやメルマガによる収入を得たいだけなのです。
それっぽい理屈を並べたり、後出しジャンケンで購入根拠の理屈を作り出す技術はあっても、数年単位で馬券収支をプラスにできる予想家なんて1%もいません。

たまにまぐれで3連単を的中させ、「俺の年間収支は大幅プラスなんだがあああああ!!俺は天才馬券家だあああああ!!」と息巻いてる自称予想プロがいますが
そんなに人生甘くないからな!!

大した理屈もない状態で3連単で儲けを出すのは、じゃんけんに10回連続勝つのと同じです。
確率的に1024人参加者がいれば1人はいる計算になりますよね。
この優勝者がまったく再現性のないじゃんけん必勝法を丁稚挙げ、負けた奴らは優勝者を天才じゃんけん家として崇め、教えを乞うのです。
これと同じようなことが競馬の予想で行われているだけなのです。
2~3年もすれば、その天才馬券家(笑)はただの馬券家と成り下がるのです。